日焼けした小麦色の肌

かっては、日焼けした小麦色の肌が健康的といわれ、夏休み後の小学校などでは「黒んぼ大会」などがあったりしましたが、昔の話となりましたね。
今では、日焼けは百害あって一利なしと言われるくらい嫌われるようになりました。

日焼けの原因であるメラニンは、皮膚の紫外線に対する防御システムのようなものといえます。ある意味必要なものでもあるのですね。
紫外線を浴び続けることで、シミ・ソバカスの増加につながり、最悪の場合は免疫力の低下や皮膚ガン、白内障などを引き起こす可能性まであります。

人の体にとって必要であるメラニンも、紫外線を浴び続けることでどんどん増えてしまえば美容という面での悩みが発生します。
メラニンは肌細胞の新陳代謝によって角質となり、表皮から剥がれ落ちるようになっているのですが、日焼けを繰り返したり、加齢で新陳代謝が減速することでどんどん溜まってしまい、結果、くすみやシミ・シワ・タルミに至ってしまいます。

必要なメラニン色素は誰でもが持っているものです。それ以上増やさないようにするためには日焼け止め対策はとても大切です。そして保湿と美白のための化粧品も自分にあった良品を選んである程度の期間使い続けてみましょう。

 

Leave a Reply