ムダ毛の病気?女性に、男性のような毛が生える多毛症とは?

世の中には、多毛症と呼ばれる病気があります。
女性や小児にみられる男性タイプの発毛の状態。
多毛症といっても毛の数が増えるのではなく、
軟毛が硬毛に変わるものです。
簡単にゆえば、やわらかい毛が硬くなること。
産毛が髪の毛のように硬くなってきたら大問題でしょう。

画像検索すると結構インパクトあるものがたくさん出てきます。
中国の10代の女の子なんかは、
山男のように口ひげとあごひげが生えていました。
命を救うための薬物治療の副作用のためなのですが、
かなりきつい代償です。
それに比べれば、私のムダ毛なんて…と感じるかもしれません。

血液中の男性ホルモン、アンドロゲンが過剰分泌することで
硬毛化してしまうようです。
男性で、ヒゲ、胸毛、すね毛などほとんど生えてなくても、
ムダ毛が少なくていいねぇ…くらいですが、
女性が生えていると、困ったことになる、
ちょっと不公平な気もしますね。

新たな硬毛化を抑えるためには、
薬剤、外科的療法がありますが、
いったん生じた硬毛は、どうしようもありません。
一般の女性のムダ毛処理と同じように、
脱毛クリームや、美容脱毛で処理するしかありません。

医療レーザー脱毛で永久脱毛したいと考えている女性は多いですが、
多毛症の女性ほど望んでいる人はいないでしょう。
脱毛の技術の進化は、
こうゆう病気の人たちにも光をもたらしますね。

最後に、アンドロゲン豆知識。
アンドロゲンとは、男性化作用を持つホルモンの総称。
男性だと思春期以降、主に精巣から分泌されますが、
女性も卵巣から分泌されています。
男性ホルモンは分泌されるのは異常ではありません。
男性ホルモンは少量なので、
腋毛、陰毛の硬毛化でとまります。
これが多量になると、髭、髪、胸毛、背中、四肢の毛の硬毛化
するというわけです。

男と女、ちょっと毛が硬いか、柔らかいかの違いでも、
大きな差になっています。
人間の体は、不思議。よくできています。

岐阜市で人気の脱毛サロン

Leave a Reply