赤ちゃんや小さい子供の肌は柔らかくてみずみずしい、キメの細かい思わずさわりたくなるような美しい肌ですよね。

年を経てゆくと、だんだん肌が硬くなって色も透明感が失われてゆきます。

そもそも、肌は定期的に生まれ変わることで若々しさを保っているのですが、年齢や生活環境や食生活の乱れなどでそのサイクルが変わったり、狂ったりして若々しい肌が失われてしまいます。

肌が定期的に生まれ変わるというのは肌の「ターンオーバー周期」と呼びます。
肌の表皮細胞は、肌の表皮細胞で作られ、徐々に表面へと押し上げられてどんどん角質化します。最後にはその角質が肌表面から剥がれ落ちていきます。
夏に日焼けして黒くなった肌が冬になるといつの間にか白く元通りになっていますね、
これがターンオーバーです。

ターンオーバーのサイクルは、20代で約28日間、40代では約40日間かかるようになります。
ターンオーバーに時間がかかるようになると、角質がたまりやすく、なんとなく肌が硬くなって、顔色もくすんだようになるのです。では、このサイクルを促進するにはどうしたらよいでしょう。

肌の再生はおもに夜行われます。特に夜10時から2時までは肌にとってとても大切な時間なのです。昼の間に仕事などに使っていたエネルギーを、肌再生に使うことができる時間帯が睡眠の時間帯なのです。睡眠時間も6時間以上とることも重要です。

そして体の内側からのケアも必要ですね。細胞の新陳代謝を促進するためには、老廃物を体外へ排泄することも大切です。そのためには酵素など栄養素がたっぷりの野菜や果物をきちんと摂ることや、運動することやストレスを溜めこまないことも必要です。

ターンオーバーについて

Leave a Reply