「ハイドロキノン」

急いで美白しなければ!とあせっている方には「ハイドロキノン」という成分配合の美白化粧品をおすすめします。

アメリカでは広く使われている成分で、日本では2002年に化粧品として許可された成分です。
他の美白成分の多くが新たなメラニン合成を阻止するだけなのに対し、メラニン色素の合成に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを強力に抑制し、すでにあるメラニンの色を淡色化させる成分です。

この成分は分解・変色しやすいという欠点があり、変色すると効果がなくなるので、ふたをきちんとして冷蔵庫などで保存することを推奨しています。
また、人によってはつけた後、赤くなるなどのアレルギーを起こすことがありますので、高い濃度のものは医師に相談の上、使用することをおすすめします。

即効性はありませんが、肌トラブルがほとんどないのが「アルファ アルブチン」です。
ハイドロキノンにブドウ糖がついた構造で、メラニン合成酵素を非常に強く邪魔します。肌が弱い人でも安心して使えるという利点がありますが、メラニンの色の淡色化などの効果はありません。

そして女性の老化現象にともなうホルモンバランスの崩れが起こす肌のくすみや皮膚老化にイソフラボンなどの「植物性女性ホルモン様成分」は、アルブチンに匹敵する強いメラニン生成抑制作用があり、シミなどの色素沈着を防ぐ効果があると言われます。その他、肌再生作用、保湿作用もあります。

Leave a Reply