紫外線が肌にとって大敵ということはわかっています。

メラニンが増えて肌色が悪くなったり、シミやソバカス、シワにもつながります。
このようなトラブルを美白化粧品などでケアしている方は多いと思いますが、大切なのは紫外線を浴びると水分も失われているということです。

紫外線は皮脂膜や細胞間脂質などの働きを弱め、肌の保湿機能やバリア機能が失われてしまいます。

その結果、肌は潤いを失い、カサついた状態となって肌荒れをおこし、肌の老化を早めてしまうことになります。

肌の潤いがないと、美白化粧品の効果は半減します。美白化粧品は値段も高く、効果的な使い方をしたいものです。美白のお手入れの一番最初にすることは保湿です。肌にしっかりと水分補給をしてから美白美容液をつけていきましょう。
水分補給は肌につけてから、手のひらで顔を包み込むようにして熱を送り込むことで浸透します。そして水分を逃がさない保護液なども有効だと言われますので使ってみてください。

Leave a Reply