スリムビューティーハウスでのフェイシャルケアは、
他にも段階があります。
それは、顔筋トリートメントです。

これは、表情筋の奥にある筋肉に刺激をして
顔のたるみを改善するものです。

どうしても、年齢を重ねるごとに
私たちの顔の筋肉もどんどんと衰えてきます。

それは仕方がないのですが、やっぱりそれも何とか改善したいですね。
そのためのトリートメントです。
顔のリフトアップをしていく施術です。

これは、血行も良くしますし、リンパにも働きかけるので、
とてもいいものです。

とても自宅での顔の手入れではできないことですし、
一度やってもらいたいですね。

顔の筋肉を鍛えようにも自分では難しいです。
プロに任せたいですね。

スリムビューティーハウスでは、顔筋トリートメントだけではなく、
他にも美顔器を使ったものもあります。

これは、光エステと言われるもので、
光を当てることによって、筋肉に働きかけます。
これを使って、表情筋にいいものが伝わり、
リフトアップにもつながるのです。

うれしいですね。
サロンでしか受けることができないものを
しっかりと受けたいですね。

また、肌の細胞のターンオーバーを促進するものも
行ってくれます。
これによって、どんどんときれいになり、
肌の生まれ変わりも早く、
いつも若々しくいられます。

このケアを無料でやってくれるところもあるようですし、
体験コースとしてやってくれるところもあります。

このケアは、定期的にやることもいいですが、
一度受けてみるだけで効果を実感できると思います。

お試しで受けてみるのもいいですね。

世の中には、多毛症と呼ばれる病気があります。
女性や小児にみられる男性タイプの発毛の状態。
多毛症といっても毛の数が増えるのではなく、
軟毛が硬毛に変わるものです。
簡単にゆえば、やわらかい毛が硬くなること。
産毛が髪の毛のように硬くなってきたら大問題でしょう。

画像検索すると結構インパクトあるものがたくさん出てきます。
中国の10代の女の子なんかは、
山男のように口ひげとあごひげが生えていました。
命を救うための薬物治療の副作用のためなのですが、
かなりきつい代償です。
それに比べれば、私のムダ毛なんて…と感じるかもしれません。

血液中の男性ホルモン、アンドロゲンが過剰分泌することで
硬毛化してしまうようです。
男性で、ヒゲ、胸毛、すね毛などほとんど生えてなくても、
ムダ毛が少なくていいねぇ…くらいですが、
女性が生えていると、困ったことになる、
ちょっと不公平な気もしますね。

新たな硬毛化を抑えるためには、
薬剤、外科的療法がありますが、
いったん生じた硬毛は、どうしようもありません。
一般の女性のムダ毛処理と同じように、
脱毛クリームや、美容脱毛で処理するしかありません。

医療レーザー脱毛で永久脱毛したいと考えている女性は多いですが、
多毛症の女性ほど望んでいる人はいないでしょう。
脱毛の技術の進化は、
こうゆう病気の人たちにも光をもたらしますね。

最後に、アンドロゲン豆知識。
アンドロゲンとは、男性化作用を持つホルモンの総称。
男性だと思春期以降、主に精巣から分泌されますが、
女性も卵巣から分泌されています。
男性ホルモンは分泌されるのは異常ではありません。
男性ホルモンは少量なので、
腋毛、陰毛の硬毛化でとまります。
これが多量になると、髭、髪、胸毛、背中、四肢の毛の硬毛化
するというわけです。

男と女、ちょっと毛が硬いか、柔らかいかの違いでも、
大きな差になっています。
人間の体は、不思議。よくできています。

岐阜市で人気の脱毛サロン

年を経てゆくと、だんだん肌が硬くなって色も透明感が失われてゆきます。

そもそも、肌は定期的に生まれ変わることで若々しさを保っているのですが、年齢や生活環境や食生活の乱れなどでそのサイクルが変わったり、狂ったりして若々しい肌が失われてしまいます。

肌が定期的に生まれ変わるというのは肌の「ターンオーバー周期」と呼びます。
肌の表皮細胞は、肌の表皮細胞で作られ、徐々に表面へと押し上げられてどんどん角質化します。最後にはその角質が肌表面から剥がれ落ちていきます。
夏に日焼けして黒くなった肌が冬になるといつの間にか白く元通りになっていますね、
これがターンオーバーです。

ターンオーバーのサイクルは、20代で約28日間、40代では約40日間かかるようになります。
ターンオーバーに時間がかかるようになると、角質がたまりやすく、なんとなく肌が硬くなって、顔色もくすんだようになるのです。では、このサイクルを促進するにはどうしたらよいでしょう。

肌の再生はおもに夜行われます。特に夜10時から2時までは肌にとってとても大切な時間なのです。昼の間に仕事などに使っていたエネルギーを、肌再生に使うことができる時間帯が睡眠の時間帯なのです。睡眠時間も6時間以上とることも重要です。

そして体の内側からのケアも必要ですね。細胞の新陳代謝を促進するためには、老廃物を体外へ排泄することも大切です。そのためには酵素など栄養素がたっぷりの野菜や果物をきちんと摂ることや、運動することやストレスを溜めこまないことも必要です。

ターンオーバーについて

急いで美白しなければ!とあせっている方には「ハイドロキノン」という成分配合の美白化粧品をおすすめします。

アメリカでは広く使われている成分で、日本では2002年に化粧品として許可された成分です。
他の美白成分の多くが新たなメラニン合成を阻止するだけなのに対し、メラニン色素の合成に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを強力に抑制し、すでにあるメラニンの色を淡色化させる成分です。

この成分は分解・変色しやすいという欠点があり、変色すると効果がなくなるので、ふたをきちんとして冷蔵庫などで保存することを推奨しています。
また、人によってはつけた後、赤くなるなどのアレルギーを起こすことがありますので、高い濃度のものは医師に相談の上、使用することをおすすめします。

即効性はありませんが、肌トラブルがほとんどないのが「アルファ アルブチン」です。
ハイドロキノンにブドウ糖がついた構造で、メラニン合成酵素を非常に強く邪魔します。肌が弱い人でも安心して使えるという利点がありますが、メラニンの色の淡色化などの効果はありません。

そして女性の老化現象にともなうホルモンバランスの崩れが起こす肌のくすみや皮膚老化にイソフラボンなどの「植物性女性ホルモン様成分」は、アルブチンに匹敵する強いメラニン生成抑制作用があり、シミなどの色素沈着を防ぐ効果があると言われます。その他、肌再生作用、保湿作用もあります。

抗酸化成分であり、コラーゲン増加作用、肌再生作用など実にさまざまな有効な作用があります。

しかしこのビタミンCは大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱く多くの女性が望むような効果はあまり出ていませんでした。
そこで、ビタミンCの分子に手を加えて改善した「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が開発され、壊れにくく有効成分を浸透させることができるようになりました。
また最近では高濃度のまま安定化された「高濃度安定型ビタミンC」も提供されるようになりました。

このビタミンCの美白作用はメラニン色素が作られるのをブロックし、メラニン色素を淡色化する還元作用もあり、即効性が期待できます。日焼け後すぐに使うこともできます。また角質や表皮にメラニン色素が残って、くすんだ肌の美白にも効果があると言われています。

メラニンが増えて肌色が悪くなったり、シミやソバカス、シワにもつながります。
このようなトラブルを美白化粧品などでケアしている方は多いと思いますが、大切なのは紫外線を浴びると水分も失われているということです。

紫外線は皮脂膜や細胞間脂質などの働きを弱め、肌の保湿機能やバリア機能が失われてしまいます。

その結果、肌は潤いを失い、カサついた状態となって肌荒れをおこし、肌の老化を早めてしまうことになります。

肌の潤いがないと、美白化粧品の効果は半減します。美白化粧品は値段も高く、効果的な使い方をしたいものです。美白のお手入れの一番最初にすることは保湿です。肌にしっかりと水分補給をしてから美白美容液をつけていきましょう。
水分補給は肌につけてから、手のひらで顔を包み込むようにして熱を送り込むことで浸透します。そして水分を逃がさない保護液なども有効だと言われますので使ってみてください。

かっては、日焼けした小麦色の肌が健康的といわれ、夏休み後の小学校などでは「黒んぼ大会」などがあったりしましたが、昔の話となりましたね。
今では、日焼けは百害あって一利なしと言われるくらい嫌われるようになりました。

日焼けの原因であるメラニンは、皮膚の紫外線に対する防御システムのようなものといえます。ある意味必要なものでもあるのですね。
紫外線を浴び続けることで、シミ・ソバカスの増加につながり、最悪の場合は免疫力の低下や皮膚ガン、白内障などを引き起こす可能性まであります。

人の体にとって必要であるメラニンも、紫外線を浴び続けることでどんどん増えてしまえば美容という面での悩みが発生します。
メラニンは肌細胞の新陳代謝によって角質となり、表皮から剥がれ落ちるようになっているのですが、日焼けを繰り返したり、加齢で新陳代謝が減速することでどんどん溜まってしまい、結果、くすみやシミ・シワ・タルミに至ってしまいます。

必要なメラニン色素は誰でもが持っているものです。それ以上増やさないようにするためには日焼け止め対策はとても大切です。そして保湿と美白のための化粧品も自分にあった良品を選んである程度の期間使い続けてみましょう。

 

美白化粧品を使っているのにシミが消えない、くすみが改善されない、という悩みを持たれている方はもしかしたら、肌のターンオーバーが乱れているか、合わない美白成分の化粧品を使っているか、美白成分が十分肌に浸透していない、などが考えられます。

いずれも美白化粧品を使用することは正しいのですが、根本的な原因を知り、それに合った方法と、効果がある美白化粧品を選ぶことが大切です。

美白化粧品をちゃんと悩みの原因に届けるために、美顔器を使う方もいます。
シミやくすみの主な原因はメラニン色素です。メラニンをつくりだすのは、表皮の底の部分にある基底細胞層です。そんな奥まで美白成分を届けることはとても難しいことで、各化粧品メーカーもその点の研究にとても苦慮しています。

エステサロンなどでは、その美白成分を美顔器を使って肌の奥深くまで浸透させる手あてをしてくれます。
中でもイオン導入器は家庭用にも販売されており、美容成分が肌の角質層にまで届くことで、その効果は肌表面につけるのとは全く違うと言えるほどの浸透力があります。

ターンオーバーの乱れを改善する美顔器としては、レーザー美顔器です。
肌の新陳代謝を高め、細胞を活性化させることによって肌再生が正常に行われるようになります。こちらも家庭用のレーザー美顔器が販売されています。

ogtzuq